トップページ > むし歯について

むし歯について

むし歯のできかた

硬い歯を溶かすのはプラーク(歯垢)です。
正確にはプラークの中にいるたくさんの虫歯菌(ミュータンス菌)です。

プラークが歯の表面にくっつくと、プラークの中にいる虫歯菌は
食べ物に入っている糖質をエサにして酸をつくります。

この酸が歯を溶かします。これが虫歯です。
歯医者さんでは齲蝕(うしょく)といいます。

虫歯ができるには、ジグソーパズルのように糖分・歯・時間・細菌の4つのピースが必要です。
ということは、その中のどれか一つが欠けてしまえば虫歯はできないことになります。

ここで注意が必要なのは、
「虫歯菌を全部退治してしまえばいいのでは?」と思ってしまいますが、
私達の身体の中にはたくさんの細菌が住み着いていて、残念ながらそれはできないということです。
虫歯予防は、この4つの要素を上手にコントロールすることがポイントです。
まずは、毎日歯をしっかり磨くことから始めましょう。

歯の神経の役割

歯の神経がなくなると

歯の神経がなくなると痛みは感じなくなります。
しかし、歯の神経を取り除くということは、血管を含め歯髄全体を取り除くということを意味します。

そのため、神経を取り除いた歯は、血が通わなくなり栄養などが届かず、
やがて歯本来の抵抗力がなくなり、枯れた木の枝のようにもろく欠けやすくなります。

また、再び虫歯になっても、それを伝えるセンサーを失っているため、
虫歯の発見が遅れてしまいます。

神経の治療とは

神経にまで虫歯が進行すると、やがて神経が痛んで化膿し、
場合によっては顔がはれたり、菌が全身にまわり熱が出ることがあります。
この被害を食い止めるために、歯の神経を取り除く治療が必要となります。

神経の治療は、痛んだ神経を取り除き、消毒をおこない、バイ菌が入らないよう歯の根に
防腐剤を詰め密閉する処置を行います。 神経の治療のあとは、被せ物(クラウン)を作ります。

むし歯の分類と治療法

虫歯は進行状況によって、C0~C4の5段階に分けられます。それぞれの特徴と治療方法は以下のとおりです。

分類 特徴 治療方法
初期虫歯
まだ歯に穴はあいていません。
フッ素とキシリトールを利用し、
歯を再石灰化させる。
(医師による治療はありません)
歯の表面のエナメル質にだけ
穴があいたもの。痛みはありません。
放置すると進行してしまうので、
削って詰める治療が必要。
削る部分は最小限。
エナメル質の下にある象牙質に達した虫歯。
まだ神経に達していないので強い痛みはないが
冷たいもの、甘いものなどが染み始めます。
削って型取りをし、出来上がってきたものを
とめる治療。麻酔が必要です!!
(3Mix法を選択する事もある)
虫歯が神経に達し、歯髄炎を起こした状態。
歯根膜に炎症が起き、歯根膜炎になることも。
いずれも、激痛を伴うことが多くなる。
麻酔をして、歯を大きく深く削り、
神経を取り除きます。
(3Mix法を選択する事もある)
神経が死んでしまった状態。
痛みは軽減しますが、虫歯菌が血管を通り
心臓病や腎臓病を引き起こすこともあります。
多くの場合抜歯することになります。

虫歯治療の流れ

前歯の虫歯(C1,C2)や奥歯の小さい虫歯には詰め物(レジン充填)を行います

奥歯の虫歯(C1,C2)には詰め物(インレー)を作ります

神経まで達した前歯や奥歯の虫歯(C3)には被せ物(クラウン)を作ります

根だけを残して進行した虫歯(残根)には抜歯を行います

予防グッズのご紹介

歯ブラシと併用して、より虫歯予防効果を高めるアイテムです。
是非お使いください。

フッ素による予防

染め出し液

キシリトールガム

ブログ   求人情報   ドクターズ・ファイル